送配電インフラ市場調査レポートが発刊

株式会社データリソース

2017年08月03日 13:30

ヴィジョンゲイン社が送配電インフラ市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「送配電インフラ市場 2017-2027年:AC、DC、HVAC、HVDC、UHVDC、UHVACのトップ企業とCAPEX予測」を出版

物流シェアリング・プラットホーム「iGOQ」を発表 -空車情報を把握し、輸送ニーズに最適な車両を自動割当します-

SBSホールディングス株式会社

2017年08月03日 13:00

SBSグループにおいて、物流事業の中核を担うSBSロジコム株式会社は、2015年より動態管理によるトラックの生産性向上に取り組んできた成果を踏まえ、輸送ニーズに最適な車両を自動割当する物流シェアリング・プラットホーム「iGOQ(イゴーク)」※1を立案し、開発中です。本日より専用サイトを開設しましたのでお知らせいたします。

グリッドスケールの電池貯蔵技術調査レポートが発刊

株式会社データリソース

2017年08月03日 13:00

ヴィジョンゲイン社がグリッドスケールの電池貯蔵技術市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「グリッドスケールの電池貯蔵技術市場レポート 2017-2027年:再生可能な風力、集光型太陽熱発電(CSP)太陽光発電(PV)のオフグリッド貯蔵を最適化するための送配電向けリチウムイオン電池、フロー電池、ナトリウムベース電池、鉛蓄電池、その他電池のCapex予測」を出版

コネクテッドカーの関連企業調査レポートが発刊

株式会社データリソース

2017年08月03日 12:30

ヴィジョンゲイン社がコネクテッドカーの関連企業を詳細に調査・分析した英文調査レポート「コネクテッドカーの関連企業上位20社 2017年:用途別IN-V技術の先進自動車サプライヤ、テレマティクスコントロールユニット、LTE、bCall、eCall、GLONASS、盗難車トラッキング、使用量ごとの保険、遠隔操作&V2Xコミュニケーションの分析」を出版

2019年、日中同時破綻の大波乱 『米国が仕掛けるドルの終わり』 ドル基軸通貨時代の終焉、中国の不動産バブル崩壊、世界経済はこう激変する!

株式会社ビジネス社

2017年08月03日 10:00

株式会社ビジネス社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:唐津隆)は、2017年7月25日に『2019年、日中同時破綻の大波乱 米国が仕掛けるドルの終わり』を発売いたしました。

「温度センサの世界市場:2023年に至るセンサタイプ別、用途別予測」最新調査リリース

リサーチステーション合同会社

2017年08月02日 11:00

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「温度センサの世界市場:2023年に至るセンサタイプ別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。

「磁気冷凍の世界市場:製品タイプ別、用途別2023年予測」リサーチ最新版刊行

リサーチステーション合同会社

2017年08月02日 10:00

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「磁気冷凍の世界市場:製品タイプ別、用途別2023年予測」のお取扱いを開始いたします。

石油・ガス市場向けドローン市場調査レポートが発刊

株式会社データリソース

2017年08月01日 18:00

ヴィジョンゲイン社が石油・ガス市場向けドローン市場市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「石油・ガス市場向けドローン市場 2017-2027年:タイプ別(固定翼、シングルローター、マルチローター、ハイブリッド&ナノ)、用途別(石油・ガス点検、環境影響評価)、地域市場の予測とトップ企業のプロフィール」を出版

松島修の投資セミナーを9月16日(土)に開催決定!その名も「投資の王道セミナー」。不変的なセオリーでもあり、投資・トレードで利益を安定的に上げるために必要な3つのことを集中的に解説します。

エフピーネット株式会社

2017年08月01日 16:30

株やFXなど投資全般に関する情報提供サービスを運営するエフピーネット株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松島修)が9月16日(土)に投資セミナーを開催。その名も「投資の王道セミナー」。講師は、より多くの方の富の拡大を目的に『新イーグルフライ』で長年メルマガを配信している当社社長・松島修です。不変的なセオリーでもあり、投資・トレードで利益を安定的に上げるために必要な3つのことを解説します。

7割以上の民間企業は、全従業員のマイナンバーを収集済み ~ マイナンバー制度開始初年における企業の制度対応はおおむね順調 ~

株式会社野村総合研究所

2017年08月01日 16:00

野村総合研究所(NRI)は、全国の企業315社に対して、マイナンバー制度への対応状況に関するアンケート調査を実施しました。 本調査では、従業員規模で分けた三階層(従業員数5~29人、30~499人、500人以上)別に、それぞれ105社、合計315社を調査の対象とし、従業員等の番号取扱事務の状況および個人支払先の番号取扱事務の状況を分析しています。

■オススメビジネスセミナー情報